製品導入後も安心・確実なサポート

導入から開発フローの最適化まで、プロジェクトを成功に導くサポート体制。
開発開始後は導入効果をご確認いただくまで緊密にサポートします。

  • HOME
  • 導入サポート

導入当初からスムーズに開発が進む各種サポートを提供

REMO Suiteは導入時のサポートだけでなく、安定的な運用ができるまで、段階や状況に沿った最適なサポート体制が整っています。テクニカルサポートはもちろん、スタッフ育成に必要な教育プログラムも完備。スタッフ育成期間や人手不足時などの制作代行も行いますので、導入当初からスムーズに運用いただけます。また、導入を支援するためのコンサルティングサービスや、多様なプラットフォームへの最適化、ベンチマーキングなど、充実したサービスでサポートいたします。

Technical Support

REMO Suiteでは製品導入後も経験豊富な技術者チームがお客様の悩みに対応。安心のサポート体制を整えています。万が一何かしらの課題が発生した場合は、Technical Supportにてご質問・ご相談を承っておりますのでお気軽にご利用ください。

【Technical Supportのスペシャリストチーム】
○HMIシステムアーキテクト
○組込ソフトウェア・プラットフォーム開発者
○3Dグラフィックデザイナー 等

【REMO Support Desk】
アップデート情報からテクニカル情報まで、REMO Suiteツールに関する最新情報をタイムリーに製品ユーザー様にお届けします。

Training

REMO Suiteでは、開発現場への導入時により効果的な利用方法を学んでいただくための、多岐に渡った内容のトレーニングプログラムを用意しています。一連の開発体験から量産ソフト開発に向けた詳細なトレーニングの実施が可能です。

【プログラム内容例】
1)REMO Suite概要理解
2)2D/3D描画ソフトウェア開発の進め方
3)HMI グラフィックスコンテンツの作成方法
4)Text オーサリング
5)制御ソフトウェアのモデリング
6)ラピッドプロトタイピング
7)実機実装
8)グラフィックコンテンツや制御ソフトウェアの最適化

なお、評価プロジェクトでのご利用等の場合でも、トレーニングを受講できますので、ツールの利用方法をよくご理解いただいた上で、ライセンス購入をご検討ください。

Consulting

3D,Incは、これまで先進的なHMIの試作開発やグラフィックメーターの量産製品開発において、各開発工程で発生する課題解決からツールの利用方法など、これまで蓄えてきた多くの知見と経験を活かし、製品開発プロジェクトを成功に導くためのコンサルティングサービスを提供しております。

【コンサルティング例】
○ 特殊な表現方法の実現手段(独自シェーダー実装)についてのご相談
○ SoC機能やメーター本体の性能を最大限に活かすグラフィックスデータ最適化方法のご提案
○ 開発製品を自社の品質基準へ適合させる方法を指導 等

また、R&D開発フェーズから量産開発フェーズまで、フェーズごとに発生する課題への対策(ツール適用時)等のご相談や、各種支援業務もお手伝いします。

制作代行

組込みHMI製品開発において、グラフィックスデザイン開発と組込みソフトウェア開発とのスムーズな連携は、プロジェクトを成功させるための大変重要なファクターです。3D,Incでは数々の組込みHMI製品の開発を経験してきたグラフィックコンテンツ制作の専門家が、組込みシステムエンジニアと連携。グラフィックコンテンツ・組み込み作業など、開発で不足したリソースを提供することが可能です。

ポーティング・ベンチマーキング

組込み開発環境(HW/ SW)では、環境依存による性能の傾向や最適化のポイントが異なることがあります。そのため、環境内で想定されるHMIコンテンツも含めた性能の傾向や最適化のポイントを可視化するベンチマークはとても重要です。ベンチマーキング方法のアドバイスやサンプル制作、他のソフトウェアと組み合わせた環境化における技術支援サービスを提供いたします。

REMO Rendering Engineは、OpenGL ESに対応したスケーラビリティが高く、軽く高速なエンジンです。車載HMI製品向けのRTOS,SOCをベースに構築された、各社のフレームワークで利用するためのポーティングにも、少ない工数と時間で対応が可能です。

搭載車両ごとの品質保証

REMO Suiteは車載機器のソフトウェア開発における基本的な品質基準を満たした製品を提供しています。ISO26262対策や企業独自の品質基準、また、プロジェクト独自の品質保証が必要な場合など、その開発に関わる企業間の協力が必須です。
3D,Incは、お客様ごとあるいは搭載車両ごとの基準に合わせた活動に協力し、ソフトウェア開発を成功に導いております。